空きアパートの有効活用4選!失敗しない活用方法とは?!

空きアパートを有効活用するためには、どのような方法があるのでしょうか。

研究所長

うまく活用することで収益物件として価値付けすることができ、将来売却する際にもターゲット層を広くすることができます。

その一方、有効活用することでリスクを抱えることにもなり、相手方と交わした契約の解釈違いでトラブルになることもあります。

そこで、この記事では空きアパートを有効活用する代表的な方法と、注意点を解説します。

現在空きアパートを保有しており有効活用の方法を模索している人は、是非最後までお読みください。

目次

空きアパートを放置するリスクとは

空きアパートを放置した場合に発生するリスクとしては、固定資産税の負担があります。
固定資産税は1月1日に不動産を保有している所有者に、5月頃納付書が届きます。

そのため、空きアパートを所有している人は必ず固定資産税を支払う必要があり、毎年負担をし続けることになります。

有効活用している場合であっても発生する固定資産税ですが、空き部屋のままであれば何も生まない維持費となってしまうでしょう。

注意点

また、アパートは誰かが居住していないと劣化が進みます。
木造の中古戸建てよりは劣化の進行は緩やかですが、壁紙や水回り、給湯器の損傷は鉄骨造のアパートであっても進行します。

そのため、誰も住んでいない状態が長期化するとアパートの価値は大きく減少することになるでしょう。

このような状態が続いた場合、将来住む場合は修繕費が高くなり、売却する際には売却価格が安くなってしまうことになります。

このように空きアパートを放置することで固定資産税分を負担し続けることになり、さらには資産価値を減少させることになるでしょう。

研究所長

そのため、空きアパートは早急に有効活用する方法を模索することをおすすめします。

空きアパートを有効活用する方法を解説!

それでは空きアパートの有効活用には、どのような方法があるのでしょうか。
正しい活用方法を知ることで、リスクとトラブル発生の可能性を大きく下げることができます。

また、資産価値の担保も合わせて行うことができるため、次に挙げる代表的な方法を知っておきましょう。

有効活用する方法
  • 入居者を募集し賃貸にだす
  • レンタルスペースとして貸す
  • 店舗として貸す
  • うまくいかない場合は売却を検討する

入居者を募集し賃貸にだす

賃貸

最もポピュラーな方法として、賃貸募集し誰かに住んでもらう賃貸だしがあります。

賃貸人は自分の生活を快適にするために率先して清掃し、メンテナンスを行います。
また、毎月の家賃収入は固定資産税の補填とすることができます。

このように、メンテナンス費用をかけることなく空きアパートを維持し、固定資産税を家賃と相殺させることができるため賃貸にだす方法はおすすめです。

ただし、賃貸人の責任によらない故障や破損はオーナーである所有者が修繕する必要があります。
そのため、給湯器や水回りをすぐに補修できる費用は用意しておきましょう。

また、賃貸にだす場合には賃貸借契約を締結することになりますが、オーナーに有利な契約内容は無効となってしまいます。そのため、借り手が見つかり契約に進む際には、必ず不動産会社に契約書作成と仲介を依頼しましょう。

仲介会社が間に入ることで、公正な取引をすることができます。

レンタルスペースとして貸す

数時間だけ部屋を間借りし、ワーキングや仮眠に使用できるレンタルスペースは近年非常に需要があります。

最近では駅の構内に時間制のワーキングスペースがありますが、空きアパートのレンタルスペースには家電と水回り全てが設置されているため利用幅が非常に広いといえます。

そのため、様々なターゲット層を対象に公告することができ、利用者を継続的に確保できるでしょう。

その一方で、これまで空き部屋だった部屋を不特定多数の人が使用することになり、アパートによってはこのような営利活動を禁止していることもあります。

また、犯罪に使われるケースもあるため使用者の個人情報は必ず保管し整理しておく必要があるでしょう。

このようなトラブルに巻き込まれないよう、アパートの管理規約と使用細則を細かく確認しておきましょう。

店舗として貸す

個人で経営する美容院やマッサージ店、パーソナルジム、ヨガスタジオ、ネイル教室などは空きアパートを借りて行うことも多いです。

このようなケースでは長期間借りてくれることも多いため、レンタルスペースとあわせて募集するのが一般的です。

ただし、業種によってはアパートでの運営ができないケースもありますので、管理規約と合わせて事前に確認しておくことが重要です。

また、音がする業種もあるため、事前に上下左右の住民に説明しておくことで近隣トラブルを防ぐことができます。

このように、ただ貸すだけでなく同じアパートの住環境が快適に維持できるようにしましょう。

うまくいかない場合は売却を検討する

不動産売却

賃貸募集しても借り手が見つからない場合や第三者へ貸すことがNGというルールである等、有効活用が難しいアパートもあります。

このような場合は思い切って売却してしまうことをおすすめします。

アパートは築年数と立地、専有面積である程度の相場を算出することができます。

そのため、まずはどのくらいで売却できるのかを確認し納得のいく価格であればすぐに売却活動をスタートしましょう。

空きアパートを有効活用する際の注意点

注意点
注意点

空きアパートの有効活用方法は上記以外にもありますが、貸した人とトラブルになるケースはどの活用方法についても起こりうるため、注意が必要です。

トラブルの具体的には家賃滞納の他に、契約内容で禁止されている事項に抵触したり破損させたまま逃げたりというケースがあります。

また、賃貸契約した人ではない第三者が使用しているという場合では犯罪に繋がる可能性があり、万が一犯罪の温床となった場合にはオーナーにも責任追及があるでしょう。

このように、事前にしっかりと取り決めを行い違反した場合のペナルティはしっかりと賃貸人に伝えておきましょう。

また、契約時には暴力団関係者ではないという誓約書へのサインは必須です。
予期せぬ犯罪が発生したとしても、正しい書類を残すことで責任追及されることはありません。

そして、このようなトラブルに巻き込まれないためにも、空きアパートを有効活用する際には必ず不動産会社に相談し、抜けがない準備をしましょう。

空きアパートの活用方法まとめ

空きアパートは放置することで劣化し、資産価値を下げることになります。
そのため現在空きアパートを保有している人には、なるべく早く有効活用することをおすすめします。

ただし、有効活用の方法によってはトラブルに発展する可能性もあります。

そのようなトラブルに巻き込まれないためにも、この記事で記載した有効活用と注意点を確認しリスクのない空きアパート活用としましょう。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次